原材料について

身体にも環境にも安全なビーズワックスラップを作るために、私たちはいくつかの観点から最高の原材料を選んでいます。

オーガニックコットン

コットンは世界で最も農薬を使う作物の一つです。普通の綿花栽培では、農業で使用されるすべての化学農薬のほぼ25%を使っています。 農薬とは害虫駆除、雑草の管理、防カビや殺菌消毒、収穫前の落葉剤などで、国ごとに厳しい規制が設けられていますが、それでも環境や農家の人たちの健康に影響を与えます。また過剰な化学肥料が土壌に残ると地下水の汚染、土壌微生物の消滅などにより、作物を育てる土壌の力が減少します。

オーガニックコットンを作る農家は、基準に定められた有機肥料などによる土壌作りを行い、禁止されている農薬の類をいっさい使わないで、定められた年数以上のオーガニック栽培を続けなければなりません。この畑と栽培の実際が第三者認証機関の認証を受けて、初めて「オーガニックコットン」と表示して販売できる綿花が栽培できるようになります。

また、綿花はいろいろな製造工程を経て最終製品となりますが、各段階において有害化学物質を使用します。この全製造工程を通じて、オーガニック原料のトレーサビリティーと 含有率がしっかりと確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものを、オーガニックコットン製品といいます。

私たちのビーズワックスラップは、すべてGOTS認定オーガニックコットンを使っています。GOTS認定(The Global Organic Textile Standard)とはオーガニック繊維について、生産から、製造・販売において、すべての工程の取り扱いについて定めた大変厳しい世界基準です。また、このオーガニックコットンにプリントされているテキスタイルデザインは ”Low Impact Dye” (低刺激染料)を使用しているため、毒性化学物質(ホルムアルデヒドや金属など)または媒染剤を含んでいません。

 

ビーズワックス(蜜蝋)

ビーズワックス(蜜蝋)蜜蝋は蜂蜜を生産するときにできる副産物です。 ミツバチは巣を作るために蜜蝋を分泌し、その蜜蝋で巣を構築します。巣枠からはみ出して作った巣や、蜂蜜を採取する際に切り取られた巣を溶かして蜜蝋を生成します。 ミツバチ1匹が一生のうちに作る事ができる蜂蜜は、わずかティースプーン1杯。 更に蜜蝋はその1/10しかとれないといわれている大変貴重なものです。 蜜蝋には撥水性があり、抗菌作用もあります。

私たちは地元シドニーの北東、キャッスルコーブを中心に養蜂をしているケリー・ウイッタカーさんの、安心安全で貴重なオーガニック蜜蝋をメインに使用しています。一切の薬品を使わず、蜜蝋まで浸透する抗生物質などをまったく使用しておりません。地元の蜜蝋だけでは足りない場合はクウィーンズランド州の生産者が作る最高級のオーガニックの蜜蝋を使用しています。なお、オーストラリアには世界で見られる蜂への脅威「ミツバチヘギイタダニ」というものは生息していません。オーストラリアの蜜蝋は世界で一番きれいだとケリーさんは自負しています。

 

ダマール樹脂

天然樹脂私たちのビーズワックスラップには東南アジア産のダマール樹脂を使用しています。自然に幹から出たもの,半化石状のものだけを地主が採取しています。透明から黄褐色の色をしています。ダマール樹脂はFDA(アメリカ食品医薬品局)が食品のパッケージ、艶出し、添加物として使うことを認可しています。また、MSDS(安全データシート)によると、塩や蜜蝋と同じレベルの安全性が証明されています。

 

 

ホホバオイル

ホホバオイルホホバ油はホホバの種子から抽出されたオイルです。不毛地帯や半砂漠でも育つくらい熱に強く、品質の安定性、抗酸化作用が高いオイルです。ホホバ油はまた、抗真菌性も有しているともいわれています。オイルと言いますが、ワックスエステルの含有率が驚異的に高く、植物性ワックスに分類されます。ホホバオイルの抽出方法には、産油量を増やすための「高温圧搾法」と、「低温圧搾法(コールドプレス)」があります。ビーズワックスラップでは、オーストラリア産の化学薬品、添加物の配合は一切せずに低温圧搾法で抽出された100%ピュアホホバオイルを使用しています。精製されていないので黄金色をしています。

 

これらの天然成分の組み合わせと、作り手の愛情により、ビーズワックスラップが完成します。

コメントは受け付けていません。